ジアコの料金比較

クリクラの空気清浄機ジアコの料金は?類似商品の値段と比較!

更新日:

ウォーターサーバーで有名なクリクラから2018年10月1日「ZiACO(ジアコ)」という

噴霧器と次亜塩素酸水のレンタルサービスが開始しましたね。

 

ジアコの料金詳細と、料金を見てでてきた3つの疑問について調査、また他社商品と比べてお得なのか?損なのか?比較してみていきたいと思います。

クリクラのジアコ料金表

  • 初回:噴霧器と9リットルパウチで5,600円
  • 4週間毎:9リットルパウチ宅配で4,480円
  • スプレーボトルは500mlで別売り864円

●公式サイトはこちら

クリクラ 空間除菌・消臭サービス【ZiACO(ジアコ)】

 

ジアコの疑問①:なぜジアコはレンタルサービスなのか?

料金表をぱっと見て、レンタルって割高じゃないかな?と思いますよね。

類似商品のジアニスト・バイバイ菌などは通販で購入できます。

 

詳しく調べてみると次亜塩素酸水と加湿器の性質に理由があり、レンタルサービスは品質や加湿器の保障込みで「安心・安全」のサポートのためということでした。

■MEMO

次亜塩素酸水は鮮度が大事!

次亜塩素酸水は水溶液中でも化学反応で自己分解していき、時間の経過で除菌・消臭効果が弱まってしまいます。製造から3ヶ月以内が使用期限で、長期保管に向きません。

●ジアコは1ヶ月毎に新しい次亜塩素酸水を宅配してくれるので最高の品質で使える。

次亜塩素酸水対応の加湿器は寿命が短い!

次亜塩素酸水の噴霧に使われるのは、極小粒子を出せる「超音波式」というもの。

超音波式の弱点として霧を発生させる振動子という部品が200日程度で劣化し霧がでなくなるので交換が必要になります。

●ジアコはレンタル中の設置・問い合わせ・故障サポートは無料でやってくれる。

ジアコの疑問②:レンタルで料金トラブルにならないの?

レンタルや期間契約というと、何ヶ月以上縛りとか解約金とか、変な料金請求されるんじゃないか?と不安になりますよね。

 

私も公式サイトを隅々まで見ましたがその辺りについて書かれていなかったので実際にクリクラの営業所に電話で問い合わせました。

Q1 ○ヶ月以上契約必須・解約金などはありますか?
A1 ありません。
Q2 宅配されてくる次亜塩素酸水が使い切れない場合などは一時休止はできるの?
A2 宅配の一時ストップは可能です。その場合加湿器のレンタルで月千円のみかかります。
Q3 夏の間だけ使いたいなどシーズン利用の場合は、契約や解約を繰り返していいの?
A3 大丈夫です。解約金はありませんが、契約のたびに初回金五千円はかかります。

 

疑問点について問い合わせた結果、解約金や縛りなどはないようです。

本体を購入する必要がないのでシーズン利用はうまく使えばコスパが良さそうですね。

ジアコの疑問③:ジアコのレンタルならではのメリットは?

ジアコは少し料金が高いのがデメリットです。

 

その分、品質・保障・サポートがしっかりしている、加湿器本体を購入しなくていいので夏のみ・冬のみ利用などが特にコスパが良いと書いてきましたが、

 

最大のメリットは無料お試しして効果をみてから契約できることではないかなと思います。

 

購入に迷う時って結局、効果や使用感など「自分で使わないとわからない事が多い」からではないでしょうか。実際に触って使えるのはレンタルの強みです。

 

私も実際にお試し注文してみましたが、もちろん気に入らなければお試しのみで契約しなくて大丈夫なので、まずは次亜塩素酸水の効果を体験してから考えてもいいかもしれませんね。

 

関連記事:クリクラziacoジアコ無料お試しキャンペーン口コミ!デメリットは?

ジアコと類似商品との料金比較

ジアコの料金体系についてもわかったので、他社商品と比べて、どういうケースではお得なのか?損なのかについて比較してみたいと思います。

■MEMO

●次亜塩素酸水の空間清浄家電の種類

TVでとりあげられ次亜塩素酸水の空間除菌・消臭を有名にしたパナソニックの「ジアイーノ」は空気清浄機タイプ。

内部で次亜塩素酸水を精製する空気清浄機タイプは本体が高く、次亜塩素酸水をセットして噴霧する加湿器タイプは本体が比較的安価なのが特徴です。

 

空気清浄機タイプは塩タブレット、加湿器タイプは次亜塩素酸水を購入する必要がありどちらも本体とは別にランニングコストがかかります。

 

格メーカーで除菌消臭の検証データなども提示されていますが、アプローチが異なるので単純比較は難しく、どちらを選ぶかは料金や好みになってきます。

ジアイーノの価格(空気清浄機タイプ)

機種 対応床面積 本体価格
F-MV1000 ~8畳 60,980円~
F-MV1500 ~10畳 77,780円~
F-MV3000 ~15畳 100,300円~

※19年2月 価格コム調べ

本体は高いですが塩タブレットは300粒入りで2,530円程度、使用頻度にもよりますが1粒で3日持つので、その他、電気代・水道代程度でランニングコストはそこまでかかりませんね。

 

初期費用がドカッと必要ですが、数年は絶対使う!という勢いならパナソニックブランドで評価も高いジアイーノを選んでもいいのではないでしょうか。

ジアコ・ジアニストの価格(加湿器タイプ)

加湿器タイプで人気のジアニストの料金も比較対象としてのせました。

機種

対応床面積 本体価格

次亜塩素酸水の価格

ジアコ ~26畳

加湿器+次亜塩素酸水9リットル

5,400円

9リットル 4,320円

(1ヶ月毎宅配)

ジアニスト ~12畳

加湿器+次亜塩素酸水2.3リットル

6,480円

10リットル 2,700円

(1ヶ月目安)

 

加湿器タイプは本体が安いですが、次亜塩素酸水の購入費用が高いです。大容量のものを買えば多少安くなりますが使用期限が3ヶ月以内などの問題もあり、一度に買いすぎても使い切れません。

 

またジアニストなどAmazonで購入できる加湿器セットは安いだけに加湿器の性能や保障がイマイチで、その点を理解した上でワンシーズン使い捨てぐらいの気持ちで使うのに向いています。

 

●ジアコとジアニストのより詳細な比較もしています

関連記事:ジアコとジアニストの比較/おすすめの次亜塩素酸水&加湿器を解説

まとめ

ペット臭対策・赤ちゃんのため・自宅介護の消臭除菌など毎日かつ数年使う予定なら思い切ってジアイーノを購入したほうがトータルで安く済みそうですね。

 

ペット臭が夏場に特に気になるとか、インフルエンザ対策・受験生のためなど特定シーズンの期間限定ならレンタルでジアコのサービスを使うのがコスパ良く使えます。

 

「そもそも次亜塩素酸水の空間除菌・消臭の効果がどんなものなのか体感したい!」

という方はZiACO(ジアコ)の【無料お試し】 で効果を見てから検討されてもいいかもしれませんね。

 

 

-ジアコの料金比較

Copyright© 次亜塩素酸加湿器ジアニストとジアコの料金・評価を比較! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.